・

    ・

    ・

ファー。。。ガタンゴトン。。。

 

 

「ありがとうございました。」

今は、ボクシングトレーニングの帰り道です。

 

 

私は、オーダーメイドの靴を売っているお店を経営しているのですが、

経営している上で色々と悩みはつきません。

    ・

    ・

    ・

毎月の売り上げのことや、

お客様への対応、

スタッフとのコミュニケーションなど、

毎日が目まぐるしく早く進んでいく中、

色々と無理が重なり。。。。

 

 

最近は、普段の自分通りに過ごすことができていないと感じていました。

    ・

    ・

    ・

そんな日々のストレスをサウンドバックにぶつけることで解消していたんです。

 

 

帰り道、たまたま携帯を覗きました。

メールには友達の Face book の更新お知らせが届いていました。

『あっ、確かこのひとは。。。。』

その友達は色々と事業をたち上げています。

しかも経営も順調だと聞いていました。

 

 

メールを開いてみると、

タイトルが

『山ちゃんのコーチングを受けている件について』

というのをアップした記事で、

見知らぬ人が、友達の隣に肩を組んで写っていました。

『隣に写っている、山ちゃんって誰だろう?』

コーチングといえば、スポーツ選手の先生みたいなイメージを持っていたのですが、

経営者の方でもそういう人を雇っている人がいるのは知っていたので、

もともと興味はありました。

『友達の経営が順調なのは、この人の助けもあるかもしれない。。

せっかくだし、連絡してみよう。

なにか現状を覆すきっかけになるかもしれない。。。』

この連絡が後々の私の躍進につながります。

    ・

    ・

    ・

    ・

山之上さんの登場。

小松さんのイメージの説明

体験面談のバナー

    ・

    ・

    ・

    ・

2年後

    ・

    ・

    ・

    ・

(某居酒屋の飲み会にて)

「今月は、先月の◯◯%アップ。着実に毎月売り上げが上がり続けて、

創業以来、最高額を記録することができました。

これは一重にみんなの協力のおかげだと思います。

ありがとうございます。

今日は会社持ちですので、存分に楽しんでください。

かんぱ〜い!!」

 

 

『ワイワイガヤガヤ』

宴会を楽しんでいる最中にふと、先週のコーチングの際に、山ちゃん(山之上さん)言われていることを思い出しました。

「スタッフAさんに仕事のカバーをしてくれたことのお礼をちゃんと伝えましたか?」

「A君、あの件でカバーしてくれてたんだよね。

ありがとう。

私自身見落としていた部分だったから、とても助かったよ。

それで、あの件のお客さんから今後ともよろしくって

お礼の連絡があって、

うちのお店を紹介したいといってくれているんだけど、

どういう風にアプローチしたら、気に入ってもらえると思うかな。」

    ・

    ・

    ・

私自身、ここまで大きく変化するとは思っていませんでした。

 

経営者は、ありのままの姿ではスタッフの前にはでれない、

皮をかぶり別人になる瞬間があると思う。

けど、山ちゃん(山之内さん)はありのままの姿で素でいいんだよって、

応援してくれる。

その言葉に勇気づけられ、

そのおかげでいらない力が抜けて成果につながる。

他の経営者の方にもそんな体験を山ちゃんのコーチングを通して自分や周りの変化を体感してほしい。

山ちゃんみたいな、粋な男はいない。

今、山ちゃんがおらんくなったら、アカンよ!!

ファー。。。ガタンゴトン。。。

電車の画像

 

「ありがとうございました。」

 

今は、ボクシングトレーニングの帰り道です。

 

街の風景画像

私は、オーダーメイドの靴を売っているお店を経営しているのですが、

経営している上で色々と悩みはつきません。

毎月の売り上げのことや、

お客様への対応、

スタッフとのコミュニケーションなど、

毎日が目まぐるしく早く進んでいく中、

色々と無理が重なり。。。。

目まぐるしく行き交う人々の画像

最近は、普段の自分通りに過ごすことができていないと感じていました。

そんな日々のストレスをサウンドバックにぶつけることで解消していたんです。

ボクシングの画像

 

帰り道、たまたま携帯を覗きました。

メールには友達の Face book の更新お知らせが届いていました。

 

『あっ、確かこのひとは。。。。』

 

その友達は色々と事業をたち上げています。

しかも経営も順調だと聞いていました。

携帯を望く画像

メールを開いてみると、

タイトルが

 

『山ちゃんのコーチングを受けている件について』

 

というのをアップした記事で、

見知らぬ人が、友達の隣に肩を組んで写っていました。

 

『隣に写っている、山ちゃんって誰だろう?』

 

コーチングといえば、スポーツ選手の先生みたいなイメージを持っていたのですが、

経営者の方でもそういう人を雇っている人がいるのは知っていたので、

もともと興味はありました。

 

『友達の経営が順調なのは、この人の助けもあるかもしれない。。

せっかくだし、連絡してみよう。

なにか現状を覆すきっかけになるかもしれない。。。』

 

この連絡が後々の私の躍進につながります。

山之上さんの登場。

小松さんのイメージの説明

体験面談のバナー

2年後

(某居酒屋の飲み会にて)

「今月は、先月の◯◯%アップ。着実に毎月売り上げが上がり続けて、

創業以来、最高額を記録することができました。

これは一重にみんなの協力のおかげだと思います。

ありがとうございます。

今日は会社持ちですので、存分に楽しんでください。

かんぱ〜い!!」

乾杯の画像

 

 

『ワイワイガヤガヤ』

 

 

宴会を楽しんでいる最中にふと、先週のコーチングの際に、山ちゃん(山之上さん)言われていることを思い出しました。

 

「スタッフAさんに仕事のカバーをしてくれたことのお礼をちゃんと伝えましたか?」

 

「A君、あの件でカバーしてくれてたんだよね。

ありがとう。

私自身見落としていた部分だったから、とても助かったよ。

それで、あの件のお客さんから今後ともよろしくって

お礼の連絡があって、

うちのお店を紹介したいといってくれているんだけど、

どういう風にアプローチしたら、気に入ってもらえると思うかな。」

私自身、ここまで大きく変化するとは思っていませんでした。

爽快な街の風景の画像

経営者は、ありのままの姿ではスタッフの前にはでれない、

皮をかぶり別人になる瞬間があると思う。

けど、山ちゃん(山之内さん)はありのままの姿で素でいいんだよって、

応援してくれる。

その言葉に勇気づけられ、

そのおかげでいらない力が抜けて成果につながる。

他の経営者の方にもそんな体験を山ちゃんのコーチングを通して自分や周りの変化を体感してほしい。

 

 

山ちゃんみたいな、粋な男はいない。

今、山ちゃんがおらんくなったら、アカンよ!!

 

 

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加